*

大河ドラマもキャッチーなタイトルへ。低視聴率時代でも見たくなる視点とは?

キャプチャ2歴史作品も独自化キャッチコピーの時代

いよいよ危ないのか。。。
そろそろ終わってしまうのか。。。
もう少しあがいているのか。。。

⇒ 「ガラシャ・光秀」誘致は可能?大河ドラマ税理士と徹底考察

新聞紙面でも
大河ドラマ誘致については持論をおとどけしました。

なんの話かといえば

再来年2017年の
大河ドラマの発表がまだなんです。

来年2016年は
『真田丸』三谷幸喜さんの脚本。
主人公は戦国時代の武将・真田信繁です。

その発表があったのが2014年の5月。

もう7月です。
大河ドラマファンとしては
そろそろ再来年の作品が気になります。

確かに『花燃ゆ』の低視聴率が話題になるほど。

だから

もしかすると
大河ドラマもなくなる!?

そんな感じすら漂ってきます。

危機感です。

視聴率が低い理由には3つあります。

1.テレビ離れ
2.予定調和
3.興味がない

誰も知っている
有名な歴史上のヒーローを描くだけでは
ダメなんです。

何かをなした人かを伝えても見てくれない。
ましてや何もなしていない主人公ではさらに難しい。

ヒット法則で大切なポイント3つ

1.誰もが知っている
2.ありきたりで平凡なんだけど
3.今までになかった。

この要素が重なったところ。

この要素をタイトルで表現すると
伊東潤さんの書籍はかなり参考になる。

『国を蹴った男』
『城を噛ませた男』
『王になろうとした男』

などなど。

一見すると
「何だろう~」って感じがするタイトルが並びます。

たまたま書店で手に取って読んだ本なんです。
タイトルだけでは主人公は分からない。
ドキドキします。面白い感じがします。

これが読む動機になります。

読んでみると

『国を蹴った男』は主人公・今川氏真
『城を噛ませた男』は主人公・真田昌幸。
『王になろうとした男』の主人公は織田信長。

今川氏真って
桶狭間の合戦で織田信長に敗れた今川義元の息子。

真田昌幸というのは
戦国武将として有名な真田幸村のお父さん。

王を目指していた視点で信長も描かれている。

たんに武将の名前では興味なんてわかない。
誰もがそれなりに実績十分な武将ばかり。
やっぱり伝え方です。

そうなればテレビの前の視聴者だって
50話で描かれる物語にも期待が持てる。
見たくなります。

予定調和では1年も持たないんです。

そうだったのか~って
気づきや面白さが欲しい。

そうなれば1話、2話ぐらい見逃しても
それ以降を見なくなることなんてありませんから。
テレビの前でワクワクしたい。

な~んてことを書きながら
早く再来年の大河ドラマの発表が待ち遠しいなぁ。

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。

関連記事

1日限定の美しいセミナーだった。。。

いつものように素敵な音楽でスタート 話しやすい場でご機嫌でした キキの講演もカッコイイ バッハ

記事を読む

賀茂川の水、双六の賽(さい)、山法師

昨夏に訪れた鴨川は穏やかだった 連日の大雨ですね。 ボクの暮らす西宮でも2日続けての 大雨警報

記事を読む

【募集中】岡山城セミナー9月22日 語り合って語られよう

岡山城天守閣 9月22日(土)岡山城天守閣を 貸し切ってセミナーします。 岡山城セミナー!

記事を読む

幕末の流れをつかむコツは「主張は変る」ということ。

諸君、狂いたまえ! 今週の大河ドラマ『花燃ゆ』は第15話・塾を守れ 幕府による弾圧が始まり

記事を読む

利休に学ぶ成果を出す3ステップは守破離。真田丸

茶人にして商人だった千利休 大河ドラマ真田丸。 先週の次回の予告では 「あぶないところ

記事を読む

犬伏の別れって豊臣カンパニー本社内のケンカに巻き込まれたってこと

株式会社真田の臨時株主総会の絵!? (画像は公式サイトから) 大河ドラマ真田丸 いよいよ第35

記事を読む

島津斉彬への手紙。西郷どん

渡辺謙さん演じる島津斉彬がカッコいい (画像はサイトから) 拝啓 島津斉彬(なりあきら)さま

記事を読む

天下人の視線は都に注がれる!再開で天下統一が完成した!?真田丸

天下人秀吉の居城だった大坂城の現在 NHK大河ドラマ真田丸 17回は「再開」をテーマに展開します

記事を読む

会社会計の「利益」再考!そんなセミナーでした

とっても穏やかで優しい場だった 最近。歴史的には再考がブームです。 最高でもなく 再興でも

記事を読む

エクスマ的に表演して自由になる。

演劇を学ぶことは表現力の向上になる アドリブ力・瞬発力・空間処理能力もつく 演じているワンシーン

記事を読む

follow us in feedly
コミュニケーションする会計観でありたい

会計は人と人をつなぐコミュニケーション 申告期限まで今日を入れてあと

損得や勝ち負けではなく心を保ちたい

プロ画の撮影会に参加してきました 楽しかったですよーーー SN

会計のような手作業は性格が宿る

仕事は楽しく正確でありたいと思う性格 2月18日(月)ですね。 3

会計で必要なことは計算ではなく採算

現代人は奴隷になっている・・・!? エクスマ新春セミナー 開始冒頭

演劇に触れて想う。表現者でありたいと。

このメンバーでお芝居をしました AI利休として納品されたり 茶

→もっと見る

PAGE TOP ↑