*

大河ドラマもキャッチーなタイトルへ。低視聴率時代でも見たくなる視点とは?

キャプチャ2歴史作品も独自化キャッチコピーの時代

いよいよ危ないのか。。。
そろそろ終わってしまうのか。。。
もう少しあがいているのか。。。

⇒ 「ガラシャ・光秀」誘致は可能?大河ドラマ税理士と徹底考察

新聞紙面でも
大河ドラマ誘致については持論をおとどけしました。

なんの話かといえば

再来年2017年の
大河ドラマの発表がまだなんです。

来年2016年は
『真田丸』三谷幸喜さんの脚本。
主人公は戦国時代の武将・真田信繁です。

その発表があったのが2014年の5月。

もう7月です。
大河ドラマファンとしては
そろそろ再来年の作品が気になります。

確かに『花燃ゆ』の低視聴率が話題になるほど。

だから

もしかすると
大河ドラマもなくなる!?

そんな感じすら漂ってきます。

危機感です。

視聴率が低い理由には3つあります。

1.テレビ離れ
2.予定調和
3.興味がない

誰も知っている
有名な歴史上のヒーローを描くだけでは
ダメなんです。

何かをなした人かを伝えても見てくれない。
ましてや何もなしていない主人公ではさらに難しい。

ヒット法則で大切なポイント3つ

1.誰もが知っている
2.ありきたりで平凡なんだけど
3.今までになかった。

この要素が重なったところ。

この要素をタイトルで表現すると
伊東潤さんの書籍はかなり参考になる。

『国を蹴った男』
『城を噛ませた男』
『王になろうとした男』

などなど。

一見すると
「何だろう~」って感じがするタイトルが並びます。

たまたま書店で手に取って読んだ本なんです。
タイトルだけでは主人公は分からない。
ドキドキします。面白い感じがします。

これが読む動機になります。

読んでみると

『国を蹴った男』は主人公・今川氏真
『城を噛ませた男』は主人公・真田昌幸。
『王になろうとした男』の主人公は織田信長。

今川氏真って
桶狭間の合戦で織田信長に敗れた今川義元の息子。

真田昌幸というのは
戦国武将として有名な真田幸村のお父さん。

王を目指していた視点で信長も描かれている。

たんに武将の名前では興味なんてわかない。
誰もがそれなりに実績十分な武将ばかり。
やっぱり伝え方です。

そうなればテレビの前の視聴者だって
50話で描かれる物語にも期待が持てる。
見たくなります。

予定調和では1年も持たないんです。

そうだったのか~って
気づきや面白さが欲しい。

そうなれば1話、2話ぐらい見逃しても
それ以降を見なくなることなんてありませんから。
テレビの前でワクワクしたい。

な~んてことを書きながら
早く再来年の大河ドラマの発表が待ち遠しいなぁ。

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。

関連記事

氏真から学ぶ失敗しても生き残るコツ。おんな城主直虎

苦悩する社長・今川氏真(画像は公式サイトから) おんな城主直虎 第24話 材木を抱いて飛べ

記事を読む

おんな城主直虎は知らないけれど織田信長なら知ってるでしょ。

今年の大河ドラマはコレ!(画像は公式サイトから) あけましておめでとうございます。 2017年も

記事を読む

「知る」はたのしい。

みんなの発表を聞いて知っていくと面白い (USP発見塾で) 日曜日ですね。 大河ドラマの

記事を読む

失敗ではなくバグ。更新する長州藩の3つのポイント。「花燃ゆ」の時代

長州藩が敗北した下関戦争 大河ドラマ『花燃ゆ』 物語は池田屋事件から禁門の変へと進んでいきます。

記事を読む

不純な動機ってステキ。好きなものを何でも経費で落として独自の価値に気づこう。

好きなものを買って経費で落とすのか!そこが大切なポイント!?   「これ経費で

記事を読む

女性の事務スタッフを募集!

先日のセミナーの様子を振り返っています 朝から晩まで 3月15日ギリギリまで とにかく件数が

記事を読む

利休に学ぶ成果を出す3ステップは守破離。真田丸

茶人にして商人だった千利休 大河ドラマ真田丸。 先週の次回の予告では 「あぶないところ

記事を読む

天命に気づく時を描く。これが大河ドラマ共通のテーマ。真田丸

この甲冑をつけて大坂城へ参陣しよう! 人には誰でも生まれてきた価値があります。 ボクはそう思

記事を読む

「お蘭、登場」確認したくなる楽しみ方がある。

「お蘭、登場」のパンフレット 満席のブリーゼブリーゼ 神出鬼没の謎の女・お蘭。 彼女の引き

記事を読む

賀茂川の水、双六の賽(さい)、山法師

昨夏に訪れた鴨川は穏やかだった 連日の大雨ですね。 ボクの暮らす西宮でも2日続けての 大雨警報

記事を読む

follow us in feedly
考察。稼ぐ力とは生きる力かもしれない。

好きなことするすと笑顔になるね 今の時代、『稼ぐ力』とは『生

47歳になりました。前世からつながっていた!

変革期を迎えていることを実感です 令和に改元されて 連休が終わって

ふり返って復習してみる

平成31年4月30日(火)晴れ お休みですね。 せっかくだから普段

快挙!いだてんが視聴質トップ!?

いだてん 画像は公式サイトから 大河ドラマ いだてん 東京オリムピ

DAY ONE 未来は選べるようになった

新しい時代も光り輝く 素晴らしい始まりになりますように 平成31年

→もっと見る

PAGE TOP ↑