*

そろそろ仕事を辞めようかと思っていました。

公開日: : 最終更新日:2018/05/02 仕事観, 大河ドラマ税理士の見方, 日常の視点

写真 2016-04-24 13 52 10緑の気持ちがいい季節ですね

4月28日。今月最後の平日。
明日からGWですね。
お休みはとれそうですか。それともお仕事ですか。

開業して10年ほどはずっと仕事をしていたい感じでした。
休みたくなかったように思います。

もしかすると、
仕事を休むということに
無意識に抵抗があったのかもしれません。

だって
3月決算法人の申告月は5月。
暦の通りに休むと
そのあとの予定が厳しくなるんですから。

どうして5月に祝日が多いんだろう~

そんな感覚でした。
そして、振り返ると・・・

社会人になって最初のGWのころ。
もう会社を辞めようと決めたんでした。

まったく社会や会社に馴染めない。
ダメな自分が情けなるばかり。
生き苦しくなるばかりの毎日。

しんどいなぁ
つらいなぁ
辞めたいなぁ

気がつけば
自分のことばかりを考えていました。

ため息と失敗の連続で
将来がどんどん不安になります。

どうするボク。。。

きっと会計事務所や税理士業は向いていない。
そうに違いない!

そして、あっさりと退職したことを覚えています。

はい。退職です。
ほんとにダメな社会人でした。
5月病ってやつでしょうか。

恥ずかしいです。



あれから10数年が経ちました。
おかげさまで今でも税理士です。

ホントに感謝しています。

何が変わったんでしょうか。
何か変わったんでしょうか。
何かの影響を受けたのでしょうか。

桜の咲き終わったこの時期。

道路沿にツツジが咲いています。
六甲山の緑が笑っています。
大坂城のライトアップしています。

ツツジも六甲山も大阪城も
10数年前からそうでした。
もっと前からそこに存在していました。
ボクがそんなふうに観る余裕がなかったんです。

・ できるのか、できないか。
・ 知っているのか、知らないのか。
・ やったことがあるのか、ないのか。
・ 迷惑をかけずにできるか、できないのか。
・ 興味があるか、ないか。
そこで判断して、
結果が悪いと勝手に凹んでいたんです。

・ やってみようと思ってみる。
・ 知りたいと思ってみる。
・ どうすればできるのか思って手をつけてみる。
・ 迷惑よりも貢献しようとしてみる。
・ なぜそうなんですかと興味を持ってみる。

そのうちに
徐々に意識を相手へ向けることから
視界が広がったことを思い出します。

まわりとのつながりの中で
生かされていることに感謝が強くなります。

おかげさまです。

フッと気づいたんです。

何かを指摘されたり
教わった時にどう表現しますか。

「すみません!」っと

反省することが多いのではないでしょうか。

ボクは反省することをやめました。

それよりも

「ありがとうございます!」って

感謝を口にするようにしました。

どんな時も感謝から
行動する方が受入れやすく感じます。

怒られたり、叱られても
ネガティブに感じるのでは成長につながらない。

今まで気づかなかったことを教わりたい。
教わることってありがたいことだって。

そう切り替えてみたんです。

「すみません」から「ありがとうございます」へ。

怒っているのではなく
伝えてもらっている。

きっとそうじゃないか。

ボクはまだやっていけるかもしれない。
ボクはまだ必要とされているかもしれない。
ボクはまだまだ役に立てるかもしれない。

仕事での成長なんて
大いなる勘違いかもしれませんね(笑)

 

 

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。

関連記事

あなたにはあなたの価値が2種類ある

USP発見塾5期のメンバー   先週、大阪でのUSP発見塾5期が終了しました。

記事を読む

失敗を恐れずに笑いにするユーモアが必要かもしれない。

ひらぼんのインターネットTVの収録に参加しました 動画が気になると 動画の情報について感度がよく

記事を読む

ぴっぷ町はどうして素敵なんだろう。

  ぴっぷ町。夕日がきれいな町でした。 あらためて先週、ぴっぷ町に伺いました。

記事を読む

文のお父さん・杉百合之助の年収は195万円!?大河ドラマ花燃ゆ

現代と比べると大家族だなぁ~ 大河ドラマ『花燃ゆ』 主人公・文(ふみ)の生まれ育った 家・

記事を読む

家のエントランスにも関係性づくりの役割と意図があったんですね。

玄関までのエントランスの役割はなんだろう? 神戸で暮らして4年ほどが経ちます。 六甲

記事を読む

信じている範囲を広げてみよう!目指せ、お茶の水博士!?

久しぶりにネクタイ姿。ぎこちないなぁ。。。 日本人がノーベル賞を二日連続受賞。 嬉しいですね

記事を読む

こんなんじゃいけん。3万キロの海岸線は守れない!?『花燃ゆ』第1話の冒頭シーン。

砲術訓練に臨む寅次郎とその様子を囲む聴衆。 その中には妹・文の姿もあります。 大河ドラマ『花燃ゆ

記事を読む

オマージュな時代。何かの影響を受けて誰かに影響を与えている。真田丸。

築50年ほどの自宅の縁側がレトロすぎる 大河ドラマ真田丸の勢いが止まらない。 第2話の放

記事を読む

承継ファーストなのに井伊家最期の日。おんな城主直虎。

第36話当時の井伊家の周辺の勢力はこんな感じ ここ数回。 井伊家の周辺では大忙し。 直虎が

記事を読む

USP発見塾は一緒に自分と向き合う時間です。

お花屋さんの店先が賑やかな季節ですね~ 月曜日ですね。 今週は東京・伊豆方面へ出張が続きます

記事を読む

follow us in feedly
考察。稼ぐ力とは生きる力かもしれない。

好きなことするすと笑顔になるね 今の時代、『稼ぐ力』とは『生

47歳になりました。前世からつながっていた!

変革期を迎えていることを実感です 令和に改元されて 連休が終わって

ふり返って復習してみる

平成31年4月30日(火)晴れ お休みですね。 せっかくだから普段

快挙!いだてんが視聴質トップ!?

いだてん 画像は公式サイトから 大河ドラマ いだてん 東京オリムピ

DAY ONE 未来は選べるようになった

新しい時代も光り輝く 素晴らしい始まりになりますように 平成31年

→もっと見る

PAGE TOP ↑