*

年貢は領主への税じゃなくて地主への地代!?

キャプチャd
昔の税といえばお米だった!?

ニュースによると
格差の是正をテーマに所得税の改革案が
飛び交っています。

ポイント2つ

1.基礎控除
2.給与所得控除

基礎控除って
年収の大小にかかわらず
一律適用されてきました。

それが段階的に
10万円から15万円ほど
引き上げられるようです。

その一方で高額所得者は
段階的に引き下げられるみたい。

給与から一定の金額を
差し引いて税金の負担を
減らす控除が給与所得控除。

これも縮小するようですね。

消費税もそうですが
今回の所得税の改正もフクザツ。。。

AIに助けてもらいます~

もう手計算では
対応できるレベルじゃないからね。

そうそう。

大河ドラマを観ていると
年貢(米)を治めるシーンがあります。

年貢についてお話ししますね。

戦国時代から江戸時代まで
お殿さまと呼ばれる領主がいました。

井伊家は遠江の国・井伊谷の領主でしたね。

領主は領民から年貢を
納めさせることが仕事。

その年貢(米)は現代の税とは
ちょっと意味合いが違います!

整理しますね。

民(住民)にサービスをするために徴収するのが税。
領主(殿さま)の自己消費のために徴収するのが年貢。

だから地代なんです。

年貢=地代

もともと手厚い
住民サービスは想定されていないんです。

地代として徴収する割合が
四公六民、五公五民といって変化していたんです。
支払う側は暮らしぶりと直結しています。

負担割合と言ってもいいですね。

当時のお殿さまは
大地主だったわけです。

収穫するお米を
実際に耕している民から
地代として徴収していたんです。

そもそも農業社会だったから。
反対に商業にはとっても優しい社会でした。
あまり関心がなかったんです。

その期間がずーーーーと長かったんです。

貨幣経済になって
時代がすすむにつれて重税感のある農業から
商業が力を持つようになることは当然のことですね。

だとしたら・・・商業の次が来る!?

法人税や所得税では
成り立たない財政を抱える現代。
消費税を上げても財政は解決しない。

さてさて、どうなるのかな~

まだまだ課税されていない。
手つかずの分野はどこだろう。

エネルギー資源のない
日本の税制はどうなっていくんだろうねぇ~~

 

 

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。

関連記事

徐々に「下心」に「志」が追いついてきた!?エクスマ合宿で振り返ったこと。

大きな下心に大きな志が追い付いてきた!? いや~久しぶりです。 ボクの原点に立ち返った2日間

記事を読む

注目!家康と氏政のコントロール感の乗り越え方の違い。真田丸

汁かけ飯で有名な北条氏政(写真はスポニチより) 大河ドラマ「真田丸」第22回は裁定 懸案

記事を読む

経験者スタッフ募集のお知らせです

会計事務所ぽくないって言われる(笑) このメンバーで仕事しています~ こんにちは!山本やすぞ

記事を読む

笑うってすごい力だと思う。

やっぱり塾は面白いね 今日もいいお天気の伊豆。 4日目の朝。温泉です。 昨日まではエクスマ

記事を読む

エクスマ塾が楽しい3つポイント。

エクスマ塾・藤村先生の登場前 みんなで自撮りで場を慣らししてるところ   昨

記事を読む

劇場や美術館はラーメン店と同じぐらい味わいと栄養に満ちている。

忙しくても劇場や美術館で過ごす時間をつくろう~ 週末、土曜日。 午後からエクスマ流USP発見塾へ

記事を読む

今までにないものを創る方法。今までにない秀吉を。真田丸

真田丸での秀吉(画像は公式サイトより) NHK大河ドラマ真田丸も 31回終焉まで進みました。

記事を読む

違いと細分化が繋がりの時代をつくる。仕事が辛いのは古い資本主義のまま!?

休日のリビングで読むのは決まってモダンリビング 空き家が増えているーーー そんな記事を目にしまし

記事を読む

「余」がキーワード!?プロとアマ、一流と二流の交差点。

プロアマ・一流二流のマトリックスで「余」な人を整理 誕生日やお祝い。 大切な人とゆっくり過ごした

記事を読む

水戸黄門の復活か!?おんな城主直虎

往年の時代劇ファンには懐かしい配役~ 第21回 君の名は 毎回のサブタイトルのパロディー

記事を読む

follow us in feedly
コミュニケーションする会計観でありたい

会計は人と人をつなぐコミュニケーション 申告期限まで今日を入れてあと

損得や勝ち負けではなく心を保ちたい

プロ画の撮影会に参加してきました 楽しかったですよーーー SN

会計のような手作業は性格が宿る

仕事は楽しく正確でありたいと思う性格 2月18日(月)ですね。 3

会計で必要なことは計算ではなく採算

現代人は奴隷になっている・・・!? エクスマ新春セミナー 開始冒頭

演劇に触れて想う。表現者でありたいと。

このメンバーでお芝居をしました AI利休として納品されたり 茶

→もっと見る

PAGE TOP ↑