*

2020年。大河ドラマは明智光秀に!

キャプチャs2020年の大河ドラマが決定!

木曜日。ツイッターで知りました。
長谷川博己さんが明智光秀を演じます。
タイトルは『麒麟がくる』

!!!
???
@@@

いろんな想いが錯そうしました。

実はツイッターでニュースを見る前日にも
NHK「2020年の大河ドラマを明智光秀
を軸に」検討中とありました。

そうなると・・・

それはダミーで本命は別にあるかもと思っ
たんです。それには伏線があって今年の
『西郷どん』の主役が変わったから。

当初は堤真一さんとあったから。
それが正式発表では鈴木亮平さんになって
いたからなんです。

それでもお二人ともに西宮市出身。
ボクが暮らしている街でとっても嬉しい。

それで。じーーーーーーーっと、
息をひそめて正式発表を待つことに。

そして木曜日。
正直、とっても嬉しかったんです。

明智光秀さんを描くことについては
2015年の新聞の取材を受けた際に
予測していました。

大河ドラマ税理士と徹底考察って
新聞の特集記事。2015年の京都丹波新聞

「ガラシャ・光秀」誘致は可能?

亀岡市を中心に大河ドラ
マの誘致運動が盛んでしたから。その
可能性について書かせてもらいました。

十分にあると思うって。
3年経って予測が当たった感じ。
理由があります。

悪い印象のある人物の再評価が進んでいる
こと。ヒール(悪役)な印象に新しい価値
を見出すから。平清盛の前例があるから。

・・・そんな記事です。

歴史はいつも新しい
史実は真実の一部過ぎない

これ、ボクの歴史観です。

誰も光秀に会ったことないでしょ。
声も聞いたことがない。残っていない。

発見されたり残された手紙、書簡や和歌。
住居跡、襖絵や掛け軸。口伝などを手が
かりに人となりに迫ります。

どんどん新事実が明らかになります。
だから歴史はいつも新しいんです。

光秀は相当に優秀でした。

誰かが何かを成し遂げた。
それが歴史だと思うとつまんなくなる。
年号の暗記になるんです。仕事で役に
立たないんです。

特別な人・偉人だからできたことで
自分には関係ないって。そんなことは
真実の一部にすぎません。

どの大河ドラマは借景ドラマです。

時代背景は過去を描きますが、観ている
人が自分と自分の感情を重ねることが
できます。俯瞰してみることができる。

誰と出会ったのか。
どんなきっかけでそうなったのか。
その時どう想ったのか。

新事実からどう解き明かされるのか。
楽しみで仕方がない。

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。

関連記事

コモディー化の時代こそ。効率化から快適化へ。

ボクのHPの写真はこの方にお願いしています もっと効率よく仕事がしたい できるだけ時間を短くした

記事を読む

プランニングよりもクラフティングが必要な時代。真田丸。

空調の効いた店内は植物が展示が面白い 自宅へ帰る途中。 海岸通りをクルマで走っていると ふっと

記事を読む

おとなこそ遠足にいこう!

杉の井穂濤さんにて乾杯 芸者(芸妓)さんの踊り。華やかです~ 壽屋さん。のれんが美しい築15

記事を読む

水戸黄門の復活か!?おんな城主直虎

往年の時代劇ファンには懐かしい配役~ 第21回 君の名は 毎回のサブタイトルのパロディー

記事を読む

幕末の流れをつかむコツは「主張は変る」ということ。

諸君、狂いたまえ! 今週の大河ドラマ『花燃ゆ』は第15話・塾を守れ 幕府による弾圧が始まり

記事を読む

スマホじゃなきゃダメだんだ~

クルマにあるはずのものがない。。。 週末。クルマの試乗に行ったんです。 ふら~っと。なんとなく行

記事を読む

6月2日に想う。なぜ本能寺の変なのか。

映画・本能寺ホテル(画像は公式サイトより) 昨日から6月ですね。 暦が5月から6月へ進んで

記事を読む

借金ではなく時間に利息がつくのが借入金

ミルクティーが好きです 花粉症がひどい。 とにかく今年は花粉症にやられています。 ずっと薬を飲

記事を読む

やっぱり利益は探し物!大河ドラマ税理士のセミナーで伝えたこと。

映画といえばポップコーン 映画と言えばパンフレット 映画と言えばCDや3Dメガネもあると嬉しい

記事を読む

「お蘭、登場」確認したくなる楽しみ方がある。

「お蘭、登場」のパンフレット 満席のブリーゼブリーゼ 神出鬼没の謎の女・お蘭。 彼女の引き

記事を読む

follow us in feedly
復権!秀吉の後継者・豊臣秀次

上:秀吉が秀次の2歳の息子の処遇を伝える手紙 今朝の読売新聞。 豊

見積書よりも企画書を届けよう!

大好きなショップ。心地いい~ 先日、ある会社の企画会議で 同じテー

夏の日と共に何かが消えてしまった感じ

画像はウェブサイトから 先週末は全国で壮大な花火が どんどん打ち上

口癖と業績は関係している!?

同じモノを見ても感じ方や コトバの使い方はみんな違う 前日、友

一緒に過ごす時間こそ大切にしたい

何気ない時間に意識を向けてみる 3連休ですね。 もう夏休みでしょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑