*

会計で必要なことは計算ではなく採算

現代人は奴隷になっている・・・!?

エクスマ新春セミナー
開始冒頭のスライドは衝撃でした。

このスライド1枚から
会場にいた参加者の多くの人がハッと
したと思うんです。

現代人は奴隷になっている
自分で生み出したものに縛られている
自分で作り自分で選び自分で選んだものを
しっかりと自分の心をみつめること
奴隷にならないように

このコトバをどう受け止めるのか。
それは個々に違うわけですが
ボクは会計的に受け止めてみたんです。

起業した人も
承継した人も
新規出店した人も
他業種へ進出した人も

会社会計では利益計算ばかり
しているのではないでしょうか。

売上から経費を引いて
残った数字が黒字か赤字なのか。
計算しますよね。

もし2期以上の営業赤字が続いている
会社(部門)はその利益計算について
再考した方がいい。

なんとなく・・・
しかたなく・・・
思いつきで・・・
とにかく・・・
活動しているけど・・・

実際にやってみた結果が
毎月(毎期)赤字なら
その失敗を認めた方がいい。
次の手ではなく撤退です。

そこで報告される計算結果は
望むような未来につながらないから。

自分の生み出した
事業の奴隷になっているだけ!

・うまくいくと予測した
・原価計算もした
・固定費も削減した
・かけるべき投資もした

でもうまくいかないこともあるんです。
実際にはず~っと損益分岐点が未達でしょ。

それは採算の問題なんです。

金額や規模の大小だけではなく
その数字をいつまでに達成するのか。

ほとんどの場合、
時間や期間の意識が抜け落ちている。

もっとお金をかければ・・・
もう少し反応率が改善すれば・・・
景気が回復してくれば・・・

現代は時間資本主義でなんです!

限りある時間の中で
ボクたちは生きています。

どれだけの時間(期間内)で
一定の成果を上げれるのか。
あるいはどこまで我慢できるのか。

時間の影響を受けていることに
気づかないとその事業の奴隷に
なっているかもしれません。

1.期間を意識を向けましょう
2.投資金額と固定費を把握する
3.損益分岐点を予測する
4.行動計画を作る
5.利益を出す
6.返済(と納税後)のキャッシュを把握する
7.採算ベースの見直し

この繰り返し。
これは会計センスの問題です。

昨年から連載している
得する!会計のスキルとセンスの違い』

の第11回です。

・同じ時間を過ごして
・同じように経営して
・同じように打合せして
・同じように会計ソフトを使っているのに

どうして経営成果が違うのか。

その疑問を解消したくてスタートしました。
そのためには

会計スキルと会計センスの違いを知ること!

ボクの結論です。

当たり前のように1年単位で決算して
月次で試算表を出していますが

黒字や赤字といった採算は
その会社(事業や店舗)ごとに違います。

あらかじめ決めた期間ごとの
進捗や手応えをどう判断するのかです。
センスの問題ですから。

採算がとれないから、
損したままでは失敗が許せなくて
いつまでもやめられないんです。

採算がとれていれば
一定期間でいつでも辞められます。
次にやりたいことができる。
楽しいから奴隷にならないでしょ。

そうでないと・・・ねぇ。
心当たりのある方は一度、見直してみて
くださいね。きっと良くなりますから。

===============
募集開始しました!
4月スタート「USP発見塾in九州」

===============

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。

関連記事

曖昧さって価値がある。モノでなく体験や価値を提供する視点と数字の関係性。

曖昧な時間が好きです 夕方。 仕事を終えて神戸に戻っています。ずいぶん陽が長くなりましたね。

記事を読む

赤字の原因を発見!経費が損失化している!?会計ソフトの罠だね。

計算結果からルールと実態のズレを探してみよう。 ぐっと冷え込んできましたね。11月も後半。 いよ

記事を読む

承継すべきは独自の文化。神戸から伊豆へ向かっています。

神戸といえばこの風景 久しぶりのヒカリ・こだまに乗っています。 実はさっき長年の疑問が解けました

記事を読む

野球チームやサッカーチームで活躍する選手がいる会社。USP

個人もチームもうまくいく理想の姿ってあるかも 先日ある質問を受けました。 USPが明確になる

記事を読む

大河ドラマ『花燃ゆ』を身近に感じるための10のポイント。

㈱長州に勤める同僚とその家族?って見てみると分かりやすい NHK大河ドラマ『花燃ゆ』 そ

記事を読む

流れに乗っているときの感覚ってこれかもしれない。

神戸は海が近い 12月も中旬。 グッと寒くなってきました。 この時期になると 頭の中がい

記事を読む

100点満点のトリセツ。

娘の答案用紙 日曜日ですね。今朝のことです。 「パパ見て~」「ほら、100点満点」「偉いでしょ~

記事を読む

再就職したら社長と副社長が死んだ!真田にとっての本能寺の変。真田丸

真田目線で本能寺の変を考えてみる(画像は産経ニュースより) 1582年(天正10年)6月。 本能

記事を読む

花火というより花浴びという感じ。可能性のかけらを探してみよう。

グッとくるほどの花火を体験してみる 昨晩は花火を見ていました。 いたばし花火大会。おそらくボク史

記事を読む

「なんにもしたくない」そう思うことがある…覚醒する機会かも。

秋も神戸はおだやかです ときどき想うことがあります。 「また起きちゃった」 「もういいのに

記事を読む

follow us in feedly
会計のような手作業は性格が宿る

仕事は楽しく正確でありたいと思う性格 2月18日(月)ですね。 3

会計で必要なことは計算ではなく採算

現代人は奴隷になっている・・・!? エクスマ新春セミナー 開始冒頭

演劇に触れて想う。表現者でありたいと。

このメンバーでお芝居をしました AI利休として納品されたり 茶

神社で祈願するご神体の多くは鏡。

初詣にいきますよね(画像はイメージ) 正月3日。 今朝の新聞。野村

得する!会計のスキルとセンスの違い その10

違いが分かる男になれたかな。。。(笑) 平成30年大晦日ですね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑