*

コミュニケーションする会計観でありたい

会計は人と人をつなぐコミュニケーション

申告期限まで今日を入れてあと5日。
いよいよ最終コーナー。
今週はやりきる1週間です。

AI時代には消滅する職業の
代名詞ともいえるのがボクのかかわる
会計事務とその周辺業務。

たしかに単純な入力作業はなくなる
方向で間違いないと思うんです。

そこをよ~く見るとちょっと
困ったことが起きています。

今回のブログではそのあたりを
お届けしますね。

会計をきちんと学んだ人であれば
誰だって目の前にある会計資料から
ある程度の会計情報を抽出できる

・・・わけです。

そうなれば入力後に出力・整理される
会計報告書は誰がやっても同じになる

・・・はずです。

でも現場ではそうならないんです。

同じ会計資料を使っても
察しのつく人であれば、他の人が
気づかない会計情報を取り出せます。

そこに経理や会計担当者の力量の差が
表れるんです。
はい、はっきりと示されています。

ボク達のかかわる会計事務と
その周辺は「経理」という仕事ぶりで
ひとくくりにされます。

その精度は担当者の力量次第という
とても不安定なものだということです。

仮にA社からの1,080,000円の
仕入れの請求書を会計処理すると
します。

一般的な入力伝票の要件は5つ

1.仕訳 仕入/買掛金
2.金額 1,080,000円
3.日付
4.相手先名
5.摘要

これだけ!

これのどこに担当者の力量に左右
される余地があるのかってことです。

それがあるんです。
詳しく書きますね。

仕入れの金額1,080,000円は
合計金額であってその内訳を詳しく
精査すると仕入れているもののうち
「仕入」科目に該当しない取引を
含んでいることがあるんです。

1.消耗品
2.機械や工具
3.立替金の精算分
4.交際費
5.材料以外のその他の項目
6.単なる間違い(未購入金額)
7.仕入そのもの

大雑把に捉えてもこれぐらいの
項目が集計されて請求金額と
なっているかもしれません。

7.以外は「仕入」ではなく
他の勘定科目になります。
売上に対する原価にならない金額。

また正しい期間損益を把握するには
売上と仕入の期間を合せることや
棚卸も大切です。

これをA社からの請求書は
すべて「仕入」とする会計処理では
その後の会計報告は間違いとなります。

ここで会計報告の精度を高めるには
コミュニケーションが不可欠なんです。
これが問題ね。

請求書の内容の把握、
仕入れ担当者や発行先。
あるいは処理後の会計データを共有して
積極的にコミュニケーションすることです。

教わって聞くってこと。
人と人がつながります。

1.会計資料を与えらえる(受け取る)
2.手当たり次第に会計処理したり入力する

そのルーティンに慣れていると
仕事の姿勢は受け身になって自分から
調べたり興味を持たなくなる。

その結果、会計処理後に報告者から
この数字が違う!と指摘されても、
分からない。。。っとなります。

興味をもって考えてみる。
聞いて教わって話す。理解できれば
まわりと一緒に楽しむこともできる。

・これはどうなっているのか。
・その数字はどこからきたのか。
・もう少し整理するとどうなるのか。

コミュニケーションする会計。
これが会計観です。
いつだってそうでありたい。

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。

関連記事

税理士と利益や節税を話すよりも会計ソフトの罠から脱出しょう!

  会計ソフトの罠から脱出しよう! もしかすると、簿記や会計は経営の役に立たないのかもしれない・

記事を読む

利益は咲き誇って散った花びらのようなもの。

土の上に散った花びら。これが利益です。 こんにちは! 気がつけば4月も後半。 来週からはゴ

記事を読む

「余」がキーワード!?プロとアマ、一流と二流の交差点。

プロアマ・一流二流のマトリックスで「余」な人を整理 誕生日やお祝い。 大切な人とゆっくり過ごした

記事を読む

会社会計を原価計算から解放したい!夏休みの自由研究

おとなこそ自由研究に取り組んでみたい 8月10日(木)。 明日は山の日で祝日だから そのあ

記事を読む

考察。稼ぐ力とは生きる力かもしれない。

好きなことするすと笑顔になるね 今の時代、『稼ぐ力』とは『生きる力』 だと思う。そして生

記事を読む

国衆は下請会社。大名は元請会社。真田丸の世界はそういうこと。

真田家は徳川家の与力大名として独立です! NHK大河ドラマ真田丸 第18回のタイトルは上洛

記事を読む

失敗時は内側から離反者が現れて、成功時は案内人が登場する。

戦国時代へ意識を向けてみる 大河ドラマ『真田丸』 その始まり方がとても興味深い。 戦国時代

記事を読む

利益の感性。売上総利益について。

ケーキが届いた・・・(^^)/ 3月1日ですね。 今日から新年度という会社も多いみたい。

記事を読む

得する!会計のスキルとセンスの違い その6

違いが分かる男でありたい。。。(笑) そもそも会計というのは コミュニケーションの手段です。

記事を読む

大坂へ人質に行くって大阪へ留学に行くってことです。真田丸

隠れるように部屋にやってきた男と信繁 この男が秀吉であることを信繁はまだ知らない 久しぶりにオ

記事を読む

follow us in feedly
一緒に過ごす時間こそ大切にしたい

何気ない時間に意識を向けてみる 3連休ですね。 もう夏休みでしょう

ねぇねぇライブ動画しようーーー

カウンターにセット! これだけでライブ動画できちゃう!! 終わ

考察。稼ぐ力とは生きる力かもしれない。

好きなことするすと笑顔になるね 今の時代、『稼ぐ力』とは『生

47歳になりました。前世からつながっていた!

変革期を迎えていることを実感です 令和に改元されて 連休が終わって

ふり返って復習してみる

平成31年4月30日(火)晴れ お休みですね。 せっかくだから普段

→もっと見る

PAGE TOP ↑