*

コミュニケーションする会計観でありたい

会計は人と人をつなぐコミュニケーション

申告期限まで今日を入れてあと5日。
いよいよ最終コーナー。
今週はやりきる1週間です。

AI時代には消滅する職業の
代名詞ともいえるのがボクのかかわる
会計事務とその周辺業務。

たしかに単純な入力作業はなくなる
方向で間違いないと思うんです。

そこをよ~く見るとちょっと
困ったことが起きています。

今回のブログではそのあたりを
お届けしますね。

会計をきちんと学んだ人であれば
誰だって目の前にある会計資料から
ある程度の会計情報を抽出できる

・・・わけです。

そうなれば入力後に出力・整理される
会計報告書は誰がやっても同じになる

・・・はずです。

でも現場ではそうならないんです。

同じ会計資料を使っても
察しのつく人であれば、他の人が
気づかない会計情報を取り出せます。

そこに経理や会計担当者の力量の差が
表れるんです。
はい、はっきりと示されています。

ボク達のかかわる会計事務と
その周辺は「経理」という仕事ぶりで
ひとくくりにされます。

その精度は担当者の力量次第という
とても不安定なものだということです。

仮にA社からの1,080,000円の
仕入れの請求書を会計処理すると
します。

一般的な入力伝票の要件は5つ

1.仕訳 仕入/買掛金
2.金額 1,080,000円
3.日付
4.相手先名
5.摘要

これだけ!

これのどこに担当者の力量に左右
される余地があるのかってことです。

それがあるんです。
詳しく書きますね。

仕入れの金額1,080,000円は
合計金額であってその内訳を詳しく
精査すると仕入れているもののうち
「仕入」科目に該当しない取引を
含んでいることがあるんです。

1.消耗品
2.機械や工具
3.立替金の精算分
4.交際費
5.材料以外のその他の項目
6.単なる間違い(未購入金額)
7.仕入そのもの

大雑把に捉えてもこれぐらいの
項目が集計されて請求金額と
なっているかもしれません。

7.以外は「仕入」ではなく
他の勘定科目になります。
売上に対する原価にならない金額。

また正しい期間損益を把握するには
売上と仕入の期間を合せることや
棚卸も大切です。

これをA社からの請求書は
すべて「仕入」とする会計処理では
その後の会計報告は間違いとなります。

ここで会計報告の精度を高めるには
コミュニケーションが不可欠なんです。
これが問題ね。

請求書の内容の把握、
仕入れ担当者や発行先。
あるいは処理後の会計データを共有して
積極的にコミュニケーションすることです。

教わって聞くってこと。
人と人がつながります。

1.会計資料を与えらえる(受け取る)
2.手当たり次第に会計処理したり入力する

そのルーティンに慣れていると
仕事の姿勢は受け身になって自分から
調べたり興味を持たなくなる。

その結果、会計処理後に報告者から
この数字が違う!と指摘されても、
分からない。。。っとなります。

興味をもって考えてみる。
聞いて教わって話す。理解できれば
まわりと一緒に楽しむこともできる。

・これはどうなっているのか。
・その数字はどこからきたのか。
・もう少し整理するとどうなるのか。

コミュニケーションする会計。
これが会計観です。
いつだってそうでありたい。

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。

関連記事

劇場や美術館はラーメン店と同じぐらい味わいと栄養に満ちている。

忙しくても劇場や美術館で過ごす時間をつくろう~ 週末、土曜日。 午後からエクスマ流USP発見塾へ

記事を読む

スマホじゃなきゃダメだんだ~

クルマにあるはずのものがない。。。 週末。クルマの試乗に行ったんです。 ふら~っと。なんとなく行

記事を読む

失敗ではなくバグ。更新する長州藩の3つのポイント。「花燃ゆ」の時代

長州藩が敗北した下関戦争 大河ドラマ『花燃ゆ』 物語は池田屋事件から禁門の変へと進んでいきます。

記事を読む

キレやすい心と資金繰り

春ですね~ 先日、読売新聞の1面に 特集記事が目につきました。 「老若男女 キレやすく」って。

記事を読む

流れに乗っているときの感覚ってこれかもしれない。

神戸は海が近い 12月も中旬。 グッと寒くなってきました。 この時期になると 頭の中がい

記事を読む

西宮と伊豆はなんだか似ている。。。

富士山 ニッコリ笑ってる~ 快晴の日曜日。伊豆に向かっています。 今回は4泊。 仕事や研修です

記事を読む

「いる」だけか「いきる」のか。AI時代を考えてみよう!

タイトル買いしたけどまだ読んでない(笑) 税理士なんて絶滅するんだろうな。。。。 最近よく目にす

記事を読む

自分らしさ。あなたらしさは固有の思い出にルーツがある。

火を使うと原始の記憶がよみがえる感じがする。 この夏、はじめての花火をしました。 自宅の庭で家族

記事を読む

現代のお茶碗一杯で1合って決めたのが太閤検地ってこと。真田丸。

ごはん1合って表現は秀吉に由来する!? 昨日は自宅のテレビで本丸。 大河ドラマ真田丸は15話

記事を読む

リーダー高杉晋作の挙兵はわずか80名!大河ドラマ花燃ゆ。

高良健吾さん演じる高杉晋作がかっこいい 大河ドラマ『花燃ゆ』では いよいよ高杉晋作が暴れだします

記事を読む

follow us in feedly
47歳になりました。前世からつながっていた!

変革期を迎えていることを実感です 令和に改元されて 連休が終わって

ふり返って復習してみる

平成31年4月30日(火)晴れ お休みですね。 せっかくだから普段

快挙!いだてんが視聴質トップ!?

いだてん 画像は公式サイトから 大河ドラマ いだてん 東京オリムピ

DAY ONE 未来は選べるようになった

新しい時代も光り輝く 素晴らしい始まりになりますように 平成31年

キレやすい心と資金繰り

春ですね~ 先日、読売新聞の1面に 特集記事が目につきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑