利益は探し物 最終章~許した武将と許せない経営者たち~

104744

こんにちは!山本やすぞうです。
12月5日(火)に開催する経営革新セミナーのお知らせ。

先日、ふら~っと書店へ行ったんです。
棚には「経営者とは・・・」そういう本がたくさん並んでいました。

「簿記が知らずに経営者ができるのか?」「経営者のための決算書の読み方」
「経営に役立つ会計の使い方」などなど。

規模の大小にかかわらず会社経営をすると、いきなりプロの経営者としての仕事を求められます。

当然か。。。

いや違う!

きっとこの考え方が、今の仕事や経営がつまらないと思う原因です。

そもそも、プロの経営者とプロでない経営者がいると思うんです。

まずは、
上場会社のような所有と経営が、分離されている会社の経営者がプロの経営者。
そして、家族経営の会社の経営者は、プロの経営者ではありませんよね。

プロ経営者とは区別した方がいい。
会社経営は手段に過ぎません。

経営の基本である家族経営。
根本は家族です。
その前提は承継ファーストでしょ。
つまり利益ファーストじゃないんです。

利益を出して、株主への配当還元なんて、二の次。三の次でしょ。

経営基盤のない(小さい)会社が
潤沢な基盤のある会社と
同じような考え方では苦しくなるだけです。

時々、すごい利益がでるときもあれば
なかなか黒字化しない時期が続く期間もあります。

だからこそ計算される利益に一喜一憂しないこと。
目指す利益観が違います。
自分らしく仕事して自分らしく稼ぐことです。

じゃあ、
“利益に一喜一憂しない”
“自分らしく仕事をするとは?”
“自分らしく稼ぐとは?”

簡単なことのように思えても、実際の行動に移せない方が多いのは、
「〇〇を許せない」という見えない思いが
ブレーキになっているということに気づいてくだい。

「許せない」という感情は、「〇〇を奪われた」「損をしている」という潜在意識が働きます。
つまり利益ファーストから逃れられないんです。

・ 儲からなくても自分を許しましょう。
・ 働きが悪くてもスタッフを許しましょう
・ 買ってくれなくてもお客さまを許しましょう。
・ 自社の技術力、商品、サービスがイマイチでも許しましょう。

そのうちに利益。ずーーっと利益。楽しく利益。ダメになってもすぐに利益・・・ですから。

そんなことを、ここ数年の大河ドラマ「真田丸」や「おんな城主直虎」を観てそう思ったんです。

許せなかった武将、許した武将、
そして許せない経営者たち。

今回も面白そうでしょ?(笑)

あなたらしく楽しい経営に気づく3時間です。
お待ちしています~

■講師

cast01大河ドラマ税理士
山本やすぞう

毎年開催する経営革新セミナー。もちろん、大好評の大河ドラマも満載です。
大河ドラマを用いたビジネスに使えるヒントは盛りだくさん。

実務上の会計に数学は必要ありません!

売上高を計算することが大切なのではなく、
売上高を作る仕組みやシナリオが大切なんです。

数字は後からついてきます!
明日からビジネスが楽しくなる仕組みを大公開します。

■日時

2017年12月5日(火)

受  付・・・17:30~
セミナー・・・18:00~21:00

■場所

リストランテ CORONA(コローナ)

(地図)http://r-corona.com/access.html

大阪市北区堂島2-1-31 京阪堂島ビル1F
℡06ー4795ー5567

【交通アクセス】

・地下鉄西梅田駅より 徒歩3分
・JR北新地駅より 徒歩3分
・JR大阪駅、地下鉄梅田駅より 徒歩7分
・ドージマ地下センター(ドーチカ) C-83出口より徒歩30秒

■費用

15,000円(お一人・税込)※夕食代を含みます。
※お振込み方法 参加申込後、振込先をメールにてお知らせします。

■募集人数

限定50名様

会社名 (必須)
お名前 (必須)
電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
参加人数
お問い合わせ・質問などがございましたらどうぞ