大河ドラマ税理士×父。対談しました。

2015.09.07

写真 2015-08-16 18 29 39似てますか~父とのツーショットは珍しい

こんにちは!
気がつけば9月も2週目ですね。
もう夏は終わったのかなぁ。

かなり焦りながら
夏休みの宿題をやっている感じです。

今年の夏休み。
ボクはある課題に取り組みました。
今まではあまり意識したことのない領域です。

それは・・・父と対談すること。

父は今年で69歳。
まだまだ元気な現役の税理士。
開業して32年目です。

ただそろそろ将来のことも考える。
そんな年齢かもしれません。
ボクも43歳ですから。

いいころかもしれない。

どちらから切り出したわけもないのですが
そんな感じを受け取ります。

それは中小企業にとって大きなテーマのひとつ。

事業承継について

譲る側と譲り受ける側。

事業を継ぐというのは
コトバでいうほど単純なものではないようです。
そんな気がします。

目には見えないけれど
会社の資産、株式や顧客を受け継ぐ以上に
これまでの文化を承継すること。

事業のサイズはあまり関係ありません。
ただその意識はとても大切だと感じます。

そこで思い切って
父にいろいろと聞いてみました。

面と向かって
話す機会なんて持ったことがありません。
理由なんてありません。

そんなものですよね。
そこでとった方法が対談形式。
録音しながら話すってこと。

1時間ぐらいの予定でしたが
気がつくと3時間も話していました。

お酒も飲まずに。

・ 開業当時のこと。
・ どうして継続してきたのか。
・ お客さんとの関係性やお金のこと。
・ 仕事のセンスについて。
・ 後継者に望むことや思いについて。

それから
ボクのことをどう思っているのか。

などなどいろいろ話を聞きました。
ボクも話しました。

感想はというと・・・

やってよかった!
聞いてみてよかった!
初めて知ったこともたくさん!

ぜひ、おススメします。

なんて言いつつも
対談した録音データを起こしています。
どんなふうにまとめようかなぁ~って。

たしかにいろんな事業承継があります。
正解や間違いはありません。ただ、

まわりが協力しやすい
事業承継の形は明確はあります。

それは方向性が一致していること!

ここがポイント。
詳しい内容は
どこかの機会でお伝えしますね。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.