「知っている」と「できている」はまるで違う。

2018.04.26

写真 2018-04-25 19 22 14久しぶりのエクスマ基本セミナー

ハッと気づかされる連続の3時間。
大大大好きな事例「銀座カルティエ事件」で
スイッチが入った。

セミナーを引用しながらお伝えしますね。

クリスマスイブの夜。

銀座カルティエ本店前で起こった
25歳ぐらいの男と20歳ぐらいの
女の会話から・・・

20歳ぐらいというのは
当時、流行っていたガングロの
メイクのためによくわかんない(笑)

コレ!藤村先生の目撃談です。

男:カルティエ買ってあげるね
女:ありがとう
男:さっきドンキで同じの安く売ってたよ
女:いやよ~
男:どこで買っても同じじゃん~
女:いやよ~恥ずかしく誰にも言えない~
男:75,000円も安いんだよ(←誇らしげ)
女:絶対にいやよ~
男:そしたら温泉も行けるのよ
女:そんなんじゃないのよ!

この事例です。

彼女はカルティエの時計が欲しいんじゃ
ないですよね~
うやうやしい接客や素敵な
クリスマスを過ごしたいんですよね。

それなのに
彼氏はそれに気づかない。
安い!って自慢するほどだから

やれやれ。。。
はじめて聞いた瞬間からこの男がモテ
ない奴だと分かった。

モノなんかほしくない。
モノではなく体験が欲しいだ。

とってもわかりやすい。
ボクの中のエクスマ大好き事例
ランキング第1位です。

・・・ここでハッとしたんです。

この話。全部、知っている。
知っているけど。できてないかも。
まるでできていない!?

知っているとできているはまるで違う。

行動はいつも気づきから。
世の中の変化よりも遅い改革は意味がない。

いつまでも同じようなことをしていては
埋もれるばかりです。

どこで買っても同じじゃん!

コトバにこそ出さないけれど
ボクたち自身がそう思って
仕事をしてしまっていないだろうか。

その結果として

→ だれに頼んでも同じじゃん!
→ いつもと同じじゃん!
→ なんでもいいわけないじゃん!
→ この鈍感
→ 使えない奴だな~

結果、大切な人やお客さまが
そう思ってしまう。
離れたり別れていくのは察しがつきます。

そうなっていないだろうか。
そこに気づかずにいたとしたら。。。

相手は

何が欲しいのか。
何が知りたいんか。
どうしてほしいのか。
どこで困ってるのか。

モノではなく体験を届けよう。
いつでもこの軸・視点だけは譲れない。

ボクの会計もそうでありたい。
税理士が計算だけする時代は
とっくの昔に終わりました。

大切な人や信頼してくれる仲間と
一緒に体験の中で過ごしていたい。

まだまだできていないことばかり。
思い込みをリセットして
今日からリ・スタートです。

そう思うとやっぱり仕事は楽しいね~

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.