プロの経営者と家族経営の経営者。過剰なプロ意識を捨てよう!

2017.05.31

キャプチャ
累計2,700万分以上の『ごちそうさまがききたくて』

5月末日。
今月分の申告業務を終えて
ブログを更新しています。

もし日常の仕事で売上不振に陥ったら
あなたはどうしますか・・・

@@@
$$$
###

・ とりあえず値下げする

効果がない。
そりゃそうだ。
どうしよう。

@@@
$$$
###

・ もっと値下げする

@@@
$$$
###

やっぱりダメだ。
そりゃそうだ。

でも。。。
ついつい。。。
いつも。。。

そうしてしまう。

そんな時にボクは想うんです。

やっぱり基本に返ることが一番って。

どうすればよくなるのか。
そんな答えなんて明確なありません。
ただヒントならある。

それは・・・お客さまを見ること。

お客さまを見ることで
ヒントには気づくことができる。

「経営者とは・・・」

そういう本がたくさんあります。

・ 簿記が知らずに経営者ができるのか
・ 経営者のための決算書の読み方
・ 経営に役立つ会計の使い方

などなど。

規模の大小にかかわらず
会社経営をするといきなり
プロの経営者としての仕事を求められます。

経営者自身も
そうであると自覚される方が多いように思います。

これが仕事や経営が苦しくなる原因かもしれません。

そもそも。

プロの経営者と
プロでない経営者がいるんです。

まずは

上場会社のような所有と経営が
分離されている会社の経営者がプロの経営者。

そして、

ボク達のそばにあるような
家族経営の会社の経営者はプロの経営者じゃない。

この2種類の経営者がいる。

・ やりたいことをやるための
・ 叶えたいことを叶えるための
・ たまたま継いだだけの
・ なんとなく企業しただけの
・ 職人肌の

プロではない経営者は
プロ経営者とは区別した方がいい。

会社経営は手段に過ぎません。

経営の基本である家族経営。

基本は家族です。
その前提は無償の愛だったりします。
そもそも経営は奉仕だと言われるゆえんです。

株主への配当還元なんて
・・・二の次。三の次でしょ。

プロの経営者は業績も含めて、
株主への還元が求められます。

厳しくチェックされています。

経営基盤のない(小さい)会社が
潤沢な基盤のある会社と
同じような考え方では苦しくなるだけです。

そもそも失敗できないんだから。

それでも経営は毎日です。

家族に子供がいれば
食べさせないといけないのと同じように
継続が前提です。

一生懸命に働いても
儲かるときもあれば儲からない時もあります。

時々、すごい利益がでるときもあれば
なかなか黒字化しない時期が続く期間もあります。

計算される利益に一喜一憂しないこと。

目指す利益観が違います。
自分らしく仕事して自分らしく稼ぐことです。

そうすると・・・

そのうちに利益
ずーーっと利益
楽しく利益
ダメになってもすぐに利益

だから。

必要に迫られて
経営者やってるだけなんだから。

あまりプロ意識を持ちすぎない方がいい。

見返りを求めない奉仕の経営は
仕合せを作り出すことが仕事なんだから。

その結果、お金をいただくだけです。
まずは自分らしさに気づこうね~

栗原はるみさん
『ごちそうさまがききたくて』の著者も有名な方ですよね。

ある対談の中で

私は料理家であって、プロではない。
主婦の境界線を越えないこと

とありあました。

この考え方にとっても共感。

そこで日ごろのボクのまわりに当てはめて
考えてみたんです。

きっとこのぐらいでいる方が
経営者の気持ちは楽になると思うんです。

仕事は楽しくなると思うから。

今回のブログでは
そういったあたりをお届けしました。

現在募集している7月8日スタートのUSP発見塾

【募集中】
⇒ USP発見塾・東京

独自の価値を見つけて楽しくお仕事したい方はぜひ!

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.