プランニングよりもクラフティングが必要な時代。真田丸。

2016.07.10

写真 2016-07-05 17 37 01空調の効いた店内は植物が展示が面白い

自宅へ帰る途中。
海岸通りをクルマで走っていると
ふっと目につきました。

立ち姿のきれいなオリーブの木。

近づいてみるとやっぱりきれいでニッコリ。
その勢いで店内へ。

植木屋さんというよりも
セレクトショップのような感じ。

サボテン
ハンギングバスケット
エアプランツ ← 珍しい

などなど

眺めているだけも
あっという間に時間が経ってしまう。

時々、直感に任せて行動します。

その方が楽しいから。

変化の速い時代。

しっかりと計画を立ててから
行動していると間に合わない。

それよりもどんどん行動しながら
その時に必要なことを創り出して対応する方がいい。

・・・っていうかそれしかない。

だから

プランニングよりもクラフティング。
計画よりも創作です。

考えるのではなく感じること

を大切しています。

 

ボクたちは
感情が動いてから行動に移します。

計画なんかしていたら機会を失います。
今を大切にしながらすぐに行動する。

今、どう感じるのかって意識を向けてみる。

先週の真田丸でも似たようなシーンがありました。

 

第26回の「瓜売」

秀吉は全国の諸大名に唐入りを命じます。
20万人以上の軍勢を肥前・名護屋に集結。
朝鮮へ攻め入ります。

「仕事をつくること」って。正気で話す秀吉。

朝鮮、明を降して大王になる!

天下が統一されて太平な世では
また国内に反乱がおきるので
大陸へ出陣するという壮大な計画。

ハイ。

真剣に考えられた計画なんです。

こうすればうまくいくって考えたんです。
だからやるしかなかった。

計画って変更が効かない。
成功するまであきらめつかない。
自分勝手な予定なのに融通が利かない。

どうしても計画したいなら
無計画な計画ぐらいがちょうどいい。
もちろん準備は必要ですよ。

ボク思うんです。

豊臣秀吉って未来のことを
しっかり考えて天下を統一したんじゃないって!?

貧しい農家に生まれて
日々の生活で精いっぱい。

それでも

日々の変化を面白がって
目の前の人を喜ばせたくて
今何ができるのかって

創作しているうちに気づくと・・・天下人になった。

そんな感じです。

最低で最悪だから
最高にも最強にもなれる。
そうですよね。

妻の寧やお母さんの大政所を楽をさせてあげたくて
主人・信長公の役に立ちたくって
本能寺の変を知って面白がったら

天下が転がり込んだ!?

あっという間に天下が近づいてきたから・・・
そしたら茶々と恋して・・・
子どもに後を継がせたくなって・・・

これって計画してできることじゃない。

行動しながら
創造して新しいものを
次々に創り出してきたんです。

それが天下統一に!

そう思うと

面白がってやってみることはやめられない。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.