どうしてプロは予測を外すのか?真田丸

2016.10.04

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-03-12-29-21美味しそうって思って食べたウニ
やっぱり美味しい!外さないよ~


負ける気がせんーーーーー

そう言って西軍に組した真田昌幸・信繁親子。

日本中の大名が東西に分かれて戦った
関ケ原の戦い。

はい。見事に予測を外しましたね。

石田三成率いる西軍は敗走。
東軍の大勝利で終わります。

改めて言うまでもありません。

戦国の昔。
武士は合戦のプロなんです。

大河ドラマを観ていて
思ったことがあります。

どうしてプロは予測を外すのかって!?

真田だけではありません。

石田も大谷も宇喜多も
毛利も上杉も島津も

名のある武将の誰もかれもが
勝てる予測を外したんです。

そういえば・・・

経営のプロである経営者。
投資のプロである投資家。
選挙のプロである政治家。

その道のプロと言われる人々。

どのプロも自信満々に
予測を外すことが多いように思います。

ちなみに現代の会社は
70%が赤字経営ですからね。。。

予想を外すポイントは3つ。

1.現実の中から自分が望むことだけを抽出する
2.それを自分の信じる世界観に従って解釈する
3・自分にとって不都合な事実を無視する

つまり・・・

都合のいいフィルターで
スキャンする習慣があるってこと。

たしかに100%の確率で
未来を当てることは無理です。

それでも予測を当てる
確率を高めることはできます。

1.当初案に執着しないこと
2.朝令暮改を気にしないこと
3.フラットな意見を聞くこと

そんなところでしょうか。

失敗すると倒産。
自分だけでなくスタッフも家族も
大変になるわけです。

確実性を増すこと。

一貫した意見なんて
持たなくてもいいのかもしれません。

その方が有利かもしれません。

予測を当てるか。
それとも予測を外すか。

博打ではなく統計学だとしたら
結果を出す前に当たる確立を高めること。
これは必要ですね。

なんてことを想いながら
年末に向けて

真田丸の盛り上がりが楽しみです~~

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.