正しい力の抜き方

2017.05.21

写真 2017-05-21 20 53 20 (1)
今期の塾生さんは女性が多い。。。

写真 2017-05-21 21 23 53こんなことしたり・・・

写真 2017-05-21 21 24 02こんなこともしたり・・・

日曜日ですね。
芦屋駅前の餃子屋さんでビールを飲みながら
昨日の塾の余韻に浸っています。

ボクの私塾USP発見塾。

昨日は朝から終日みんなと一緒でした。

U・・・うっかり
S・・・してても
P・・・パッと咲く

努力して
根性だして
忍耐を重ねて
修行をする

そんなことしなくても

選ばれて
愛されて
応援される

その方がいいに決まってる。

そのためにそれぞれの
独自の価値を探っていきます。

昨日は2回目でした。

材木屋さん。
不動産屋さん。
着物屋さん。
バックデザイナー。
工務店。
お花屋さん。

一番大切にするのは個性。
他の誰かとは違う何かです。

毎回6名ほどでみっちりと
ブレストを中心に行います。

同じワークをしても
それぞれがまるで違った発表をする。

当たり前ですがそこが面白い。

発表している本人だけが理解できない。
まわりのみんなはどんどん
その人のことが分かり出してくる。

分からないのは本人だけ。

そんな表情を見ていると・・・

笑われる→緊張する→焦る→自信を失う→笑われる

このループからどうやって抜けるのか。
その方法を探る感じです。

力めば力むほど力が入ります。
考えれば考えるほど答えが出ない。

どうする!?私。。。

実は個性は意外なところから輝き始めます。

その場に自分を委ねると
殻を破って抜けていく感じ。

他の誰にもない個性に気づきます。

方法は「他と比べないこと」です。

えぇそれでいいの~

どんなに上手でもがんばっても
コモデティー化の時代に報われるとは限らないから。

やっぱり個性的であるは大切だと思う。

派手で奇抜なことじゃなくて
自分で自分も個性を認めること。
好きになることです。

どんなことでも面白がってみる。

そのために必要なことは自己開示。

別に自己開示が嫌いなわけじゃなくて
そんなことをする機会がなかっただけなんです。

大切だとも思ったことがないだけだったりします。

情報化社会で信用されるには
自己開示が第一条件だったりするから。
だって・・・

知らない人に大切なことを任せないし、
お願いしないでしょ。

そんなことに気づくと

力が抜けています。
笑顔になってきます。

話してスッキリ。
聞いててニッコリ。

「それ!面白い~」って。
「これ!いいわ~」って。

みんなから個性を教えてもらえるんです。

これでいいかも。
これならできるかも。

みんな。その気になってきます。

みんなの前で自己開示するだけで
個性に気づけますから。

さぁ次回は1か月後。楽しみです~

現在募集している7月8日スタートのUSP発見塾

【募集中】
⇒ USP発見塾・東京

独自の価値を見つけて楽しくお仕事したい方はぜひ!

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.