利益推移表は足跡のようで日記のようなもの。。。

2018.02.18

写真 2018-02-18 13 41 26
雪の上に残る足跡が可愛い

今年も確定申告のシーズンがやってきました。
通常の業務に確定申告がプラスされます。
単純にボリュームオンです。

仕事のスタインスも変わります。

いつもは時間で区切りますが
この時期だけは業務で区切ります。

やりきる。
出し切る。
次にとりかかる。

そうでないと間に合わないもんね~

さてさてそんな確定申告時期ですが
もちろん、通常の会計業務もあります。

先日。あるブログを拝見していて
素敵だなぁ~と思ったフレーズがあったんです。

会社の利益の年間推移表を見ていると
それはまるで自分の後ろに残してきた
足跡のようで、あ、ここであれをやったから
収入があがってるんだ、とか
ここ収入ないけど、何もしかったからか、
なんてまるで日記のよう。

ねぇ!素敵でしょ。
とっても共感ですーーーーー

ある経営者さんと
税理さんとの会話なんです。

売上は
・・・数量。単価。リピート率。

たしかにこの掛け算です。
それでしかありません。

だから利益が出ないのは
売上が少ないのか。経費が多いのか。。。

・・・ではなくて。

誰に対して
誰を想定して
誰のために

どんなことをしたの。
なにして喜ばせたの。
課題を解決したの。

どんな関係性を作ろうとしたの。

いつもと同じ行動だけじゃ
いつも通りの成果しか出ない。
そのうちいつもの成果も出なくなります。

それが自然です。

数字を分析する視点だけでは
いつまでたっても
数字は自分でコントロールできないままです。

思ったように数字が出ない。

まずは数字以外に
意識を向けてみること。

足跡のような日記のような
記憶をたどっていきましょう。

世の中はいつだって変化してるし
人の気持ちはいつも不安定で曖昧なものです。

思い出しながら

どれだけ行動したのか。
あまりしてこなかったのか。
そのうちどれだけの価値が届いたのかな~

そんなふり返り。

試算表は先月までの日記。
決算書はここ1年間の日記。

そう感じてみる。

古い新聞だと思わないこと。
古いニュースでは誰も興味ないから見ないんです。

だから日記です。
そこではどんな足跡が残っていますか。

どんなに理詰めで数字を説明されても
ボクたちの行動は変わりにくいんです。
そんなものです。

だったら気づく方がいい。
気づきが行動を変えるんだから。

 

この時期では雪だし
夏場は砂浜をイメージすると
足跡が思い出しやすいかもしれません。

誰だって何かを感じ取って
感情が動いて行動しているはずです。

お金のかかった行動(経費)も
かからなかった行動(損益に反映されない)も
両方あるはず。

その結果として
売上や利益が計上されるんですから。

やってみると
意外なことに気づくかもしれません。
数字も扱い方で楽しくなるからね~

=========================
今年もUSP発見塾を東京で開催します。
USP発見塾 in東京 4月17日スタート
=========================

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.