祈りだよ。そこでは願うのではなく祈るんだよ~

2018.04.03

写真 2018-04-02 21 03 41安寧と豊穣を祈る記事

天皇陛下まで125代続いてきた皇位は
どのような儀式を経て皇太子さまに
承継されるのか。

そんな新聞記事を目にしました。

なかでも気になったのは
「安寧と五穀豊穣を祈る」ということ。

大嘗祭(だいじょうさい)とは
新天皇が皇室の祖先や神々に感謝し、
国家や国民の安寧、五穀豊穣を
祈念する儀式。

特別に設けた大嘗宮で神々に
新穀を供え、自身も食する。

・・祈るんだ~って思ったんです。

無意識にふっとつぶやいていました。
願うのではなく祈るんだって。
頭の中を整理してみたくなります。

どうして祈るのか。
祈るってなんだろうって。

・五穀豊穣を願う
・五穀豊穣を祈る

どう違うのかというと

「願う」とはそうなってほしい願望。
「祈る」とはすでにそうなっている
ことへの感謝。

神々に新穀を供え、自身も食するという
行為はすでに収穫したモノがあります。

だから祈り。感謝をお伝えします。
これ神社などのお参りと同じ。

「ありがとうございます」
そう伝えますよね。

合格したい~
ダイエットしたい~
売上を上げたい~

これすべて願いです。
強く願えば願うほど叶いませんよね。

ここ重要です!だって

合格したい~って合格していない人
ダイエットしたい~って人は太っている人
売上を上げたい~って人は赤字な会社

ですよね。

イメージや潜在意識には良い悪いは
分からない。そこで強く願えば現状を
ますます肯定するばかり。

不合格なまま。太ったまま。
赤字なまま。いつも不本意はままです。

願いに見合った行動をしてはじめて手に
入ります。叶うには行動が必要です。

問題は「努力しても実践しても手に入るとは
限らないときにどうするのか」となります。

疫病、天災や自然災害など。昔は日食や
月食も天災だと信じられていたわけです。

そこで祈るんです。

桜の花びらの舞い散る風景に癒されたり
大好きな人の笑顔、生きてことや世の中の
存在をありのままを受け入れてみる。

生きてるだけで
しあわせですって感謝する。

皇室はその代表ですね。

ボクもイメージをよく使います。
イメトレ。そこでも願うことはしません。
ただ感謝するばかり。祈りです。

求めていることはすでにある。
その状態であることを気づくこと。

まだそうなっていなくても
必要な気づきをもらっているんだから。

今、叶いました。
ありがとねーーーーー

いつもそう伝える。
これが祈りなんでしょうね。

ただ当たり前のことに感謝してみる。
繰り返してみるだけで違ってきます。

まぁそうはいっても祈ってばかりでは
日々の暮らしでは大げさです。

だってお願いする方が多いから。

行ってみたいお店もあるし
着てみたい洋服もあるしデートもしたい。
売上も上げたいから。。。

ボクも使い分けています。
神さまに祈りを。星にお願いをします。

ボクは税理士だから。

詳しいことは分かんないけれど、
祈ることについて整理してみました。

身近な人や大切な人がいつも笑顔です。
ありがとうございます。

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.