情報収集する習慣が笑顔を作る

2018.05.30

写真 2018-05-29 11 47 07父と美味しいと評判のうなぎ屋さんへ

ボクの好きなこと・・・

歴史小説
大河ドラマ
お城の散歩
ワイン
買い物
お昼寝
和菓子
美味しいごはん
アイディアを出す
笑顔

などなど。

思いつくままに書き出してみます。
自分だけのこともあれば家族やまわりを
巻き込んで一緒にすることもあります。

事務所を移転して2カ月ほど経って
近くのごはん屋さんを探すのも好き。
とくにうなぎ屋さん。

先日も行ってきました。
「亀の池 浪速」さんです。

大阪天満宮のすぐそば。
事務所からも徒歩10分ほど。

散歩ついでに立ち寄ってみました。
もちろんはじめてのお店。
ワクワクします。

はじめてのお店では一番高いメニューを
注文します。←ボクの決めごとね。

うなぎ屋さんではうな重(上)です!

うなぎは1匹丸ごとか。半分かな。
腹開きか。関西では珍しい背開きか。
注文後に焼き始めるのか。タレの甘さは。
お店の雰囲気や肝吸いも。。。

あぁ想像しただけでよだれが垂れてくる。

そして、やっぱりうなぎの味。
好みかどうか。相性みたいなものです。

好きなことって
どんどんかかわっていたい。
結果、情報が増えていきます。

今どきはどのお店も美味しいです。
それぞれに違いもあります。

とくに食事するお店って
その用途によって使い分けますよね。
データベースが整理されていく感じ。

笑顔です~~

・・・と、ここまで整理がつくと
実はクレーム、苦情や質問をかぎ分けられる
ようになります。

詳しく書きますね。

「どういうことですか!?」

電話やメールでクレームめいたコトバを
聞くとドキッとすることがあります。

とくにネガティブな性格な人ほど
強く感じるみたい。

(・・・失敗したかも・・・)

同時にそれは苦情かもしれません。
たんに質問かもしれません。

相手の立場を察するには
聞き取り開始です。

相手が話したコトバをそのまま
使って、もう一度聞き返すんです。
答えを急ぐよりも同意が先ね。

答えたほうが喜ばれるのか
応えたほうがタイムリーなのか
背中を押す方が最善なのか

そのあたりを探ります。
具体的には

1.情報を収集
2.情報の整理
3.情報の共有

ここまでくれば・・・
「どういうことですか!?」

というコトバの口調や態度に関係なく
相手と関係性を築くことができます。

クレームか苦情か
それとも質問なのかを察することが
できるようになります。

相手も落ち着きを取り戻していきます。

1.こちらの状況を分かろうとしてくれる
2.自分の不明点が整理できた
3.判断できそう

そう感じてもらえます。
みんな笑顔であふれていく。

不安に思うのは情報不足が原因です。
勝手に思い込んで対応してしまう。

好きなことなら知りたいですよね。
興味のあることだって知りたいはず。

いつも情報収集する習慣が
自分もまわりも笑顔につながりますね~

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.