*

古典的な交換行為から現代は一方的な贈与行為へ。相続も経済もよく似ている。

写真 2014-11-23 14 12 07はい、どうぞ!

税理士という職業のせいでしょうか。
相続税の改正を来年に控えて増税対策セミナーの広告をよく見かけるようになりました。
業界ではビジネスチャンスと捉えているようです。

よく「相続」が「争族」になる・・・

なんてことを聞きます。
一方でひと昔前は争族なんてなかったんです。

それは交換行為が成立していたからです。

親世代からは先祖代々の土地、建物や道具あるいはノウハウの提供を。
子世代は親世代の老後を養ったり先祖供養の役割を。
互いに交換していたからです。

古典的な側面としてはそうでした。
それが崩れたんです。

親世代が一方的に提供することが一般化して
子世代にはその見返りを求めないとする風潮が広まりました。
さらに子世代はもらう側としての権利を主張するようになりました。

これが争族の原因です。

いつごろからそうなったのでしょうか。
・・・時代が成熟した情報化社会になったころから。きっとそうです。

どんどんそうなったんです。

相続に限ったことではありません。
経済行為もまったく同じことが起こっています。

モノに価値がある時代はモノとモノとの交換でした。
モノが行きわたってモノ自体には価値がなくなって、モノ余りの時代になりました。
売り手はモノが売れにくくなります。

同時にネット社会になって誰もが手軽に発信できる成熟した情報化社会になりました。

結果として、
選ばれるためにはまず発信するようになります。

その情報を欲している相手に価値を届けて受け取ってもらおうとします。
交換を前提をしない一方的な贈与行為が広がった背景はそのあたりです。

与えようとする側と、
もらおうする側(奪おうとする側)に分かれたんです。

不思議なことに与えようとする側は減りません。
むしろどんどん入ってくる気さえするのではないでしょうか。
この人(子)にこれを与えようと無償で提供します。

贈与されることに慣れると怖い。
与えられることが当たり前になります。
気がつけば常に奪おうとしているのにそれに気がつきません。

与えているつもりで奪っていないでしょうか。
知らないうちに奪おうとしていないでしょうか。
確実にその雰囲気が伝わっているはずです。

慢性的に赤字経営な会社は要チェックです!

親兄弟での争族は
同業者間の顧客の奪い合いとよく似ています。

「はい、どうぞ!」って差し出す。
「これ、どうぞ!」って、返ってくる。

そんな感じ。

相互に関係性を築けるのもです。
どこまでも価値と価値の交換が基本です。
その方が争うが少なくて済みます。

具体的には

「はい、どうぞ!」と、言って欲しがっている相手に情報を提供して
「これ、どうぞ!」って喜んでくれた相手からお金を受け取る。

やっぱり、この古典的な交換行為のほうが分かりやすい。

相続税が改正される一方で
贈与税の非課税枠が拡大されて現役世代がその恩恵にあずかる流れ。

そんな研修を受けながら頭の中で感じたことはそのあたりです。

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。

関連記事

大河ドラマのナレーションといえば・・・

物語の冒頭から!!!ってなった 「西郷どん」39回 それにしても昨日の 大河ドラマ『西郷どん』

記事を読む

金2万枚と米2万石と馬印の意味は本音と建前と75億円のしたたかさ。真田丸

豊臣家の馬印といえば千成瓢箪(せんなりびょうたん) 大河ドラマ『真田丸』もいよいよ関ヶ原へ。 真

記事を読む

自信や実績がなくて苦悩している人ほど『花燃ゆ』を見るといいと思う。

いよいよ最終回! 大河ドラマ『花燃ゆ』 49話が終わって平均視聴率は12.00%。 残すは

記事を読む

発見!信長と秀吉と大河ドラマ税理士・山本やすぞうの関係性とは?

(左)豊臣秀吉と(右)織田信長と 大河ドラマ税理士・山本やすぞうには意外な関係性があった!? 昨

記事を読む

2種類の経費に分けてみる。固定費・変動費の罠から脱出しよう!

固定費と変動費に分けても役に立たない! ときどき思うことがあります。 これって役に立っているのか

記事を読む

貸借対照表は植木と考える!?木と根と添え木です。

手書きで書いた図。新しい貸借対照表はコレ! 本来、貸借対照表って左右対称だから分かりやすい。

記事を読む

賀茂川の水、双六の賽(さい)、山法師

昨夏に訪れた鴨川は穏やかだった 連日の大雨ですね。 ボクの暮らす西宮でも2日続けての 大雨警報

記事を読む

ねぇねぇライブ動画しようーーー

カウンターにセット! これだけでライブ動画できちゃう!! 終わって・・・ 美味しい焼き肉を

記事を読む

美和の天命は教育だった。大河ドラマ『花燃ゆ』

もし天命があるとしたら・・・ まるで『篤姫』のような展開でしたね。 幕末を描いた大河ドラマとして

記事を読む

達成する予算と未達な予算の違い

時間のある時にゆっくり読んでくださいね ある会合で 「今どき、予算って必要ですよね?」 そ

記事を読む

follow us in feedly
一緒に過ごす時間こそ大切にしたい

何気ない時間に意識を向けてみる 3連休ですね。 もう夏休みでしょう

ねぇねぇライブ動画しようーーー

カウンターにセット! これだけでライブ動画できちゃう!! 終わ

考察。稼ぐ力とは生きる力かもしれない。

好きなことするすと笑顔になるね 今の時代、『稼ぐ力』とは『生

47歳になりました。前世からつながっていた!

変革期を迎えていることを実感です 令和に改元されて 連休が終わって

ふり返って復習してみる

平成31年4月30日(火)晴れ お休みですね。 せっかくだから普段

→もっと見る

PAGE TOP ↑