*

西郷どんの沖永良部島への島流し。不遇な意味とは?

キャプチャ
野ざらしの牢で暮らす吉之助
(画像は公式サイトから)

吉之助は島送りを経験しています。
それも2度。さらに1度目と違って
2度目は罪人扱い。

まずは徳之島に送られて、
さらに沖永良部島へと遠島を
命じられます。

まさに地の果てといった感じ。
浜辺の野ざらしの牢。
牢屋より劣悪・極刑に近い。。。

ほどなく死に瀕します。

第24回 地の果てにて
第25回 生かされた命

そのあたりが描かれました。

観ていて辛く考えさせられる
ことが多い回でした。
整理してみますね。

遠島になった罪状は命令違反。

国父・島津久光の上洛に際して
一足先に薩摩を出発して
下関にて軍勢の受け入れることでした。

ところが脱藩して浪士となった
有馬新七らが京で討幕運動を起こす
という知らせが届きます。

その説得のために吉之助は
勝手に京へ上ってしまします。

手続き上のミスぐらい。
これが命令違反の罪です。
これだけで吉之助は
遠島になったんです。

重すぎるといっても
いいぐらいの罪状。

それだけ国父・久光と吉之助は
相性が悪かった。不幸な人間関係です。
観ていて可哀そうなほど。

国父さまが理不尽に映ります。
のちの将軍となる一橋慶喜も
薩摩の芋と見下しています。

ただその島流しの経験がなければ
革命家・西郷吉之助は誕生しなかった
とさえ思うんです。

薩英戦争が終結していよいよ
薩摩に召喚される吉之助を
「革命」と書かれた旗で
見送るシーンが印象的でした。

いよいよ維新に向かて活躍が始まる。
革命家として活動開始です。

そうだとすれば・・・

過去の結果が今にあるのではなく、
未来に必要なことが今、起こっている。

だからどんなことも学びであって
感謝できる。思い通りにいかない時、
理不尽な環境や状況こそ
未来への準備かもしれません。

今の答えや結果は過去ではなく未来にある。

いつだって自分次第で行動すれば
できる可能性は100%!

少し経って振り返った時に
そう思えれるようになります。

「あの時のおかげで今がある!」
ってネタになる。

チャンスはピンチの仮面を
被ってやってくる。

歴史がそう教えてくれている。
そんな『西郷どん』の2回でしたね。

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。

関連記事

ばっちり!これでPDCAが回まる!

画像は大人が妄想しているところ 具体的にイメージする方法 PDCAってよく聞くコトバですよね

記事を読む

究極のラブストーリー。政次死す!おんな城主直虎。

衝撃のラストシーン(画像は公式サイトから) 大河ドラマおんな城主直虎 第33回は「嫌われ政次

記事を読む

コンテンツは環境変化の影響を受ける。その視点で『花燃ゆ』を見直そう。

キーワードは・・・環境の変化だった!? 今年もあと1回。 週末はいよいよ50話の最終回。

記事を読む

なぜを考える東大論述式・日本史

東大の入試問題(雑誌からの抜粋) 歴史の試験問題といえば、 空欄の穴埋め形式で人物名や年号を

記事を読む

水戸黄門の復活か!?おんな城主直虎

往年の時代劇ファンには懐かしい配役~ 第21回 君の名は 毎回のサブタイトルのパロディー

記事を読む

損して得取れって「許す」ってこと。おんな城主直虎

直虎のまわりの商人中村屋と瀬戸方久 (画像は公式サイトから) 大河ドラマおんな城主直虎 こ

記事を読む

たかが夢じゃ。朝が来れば終わる。おんな城主直虎

このシーンも衝撃的(画像が公式サイトから) 先週の33話 「嫌われ政次の一生」では 究極のラ

記事を読む

順番をかえると会計だって楽しくなる!?正しいより楽しい方がいいに決まってる。

今年は積極的に伝えていきますね 誰だって「正しいコト」より「楽しいコト」がいい。 子供に限ら

記事を読む

ユーモアとは、にもかかわらず笑うことだと確信する真田丸

負ける気がしないって(画像は公式サイトより) あらためて感じることがあります。 「ユーモアと

記事を読む

物価が4倍に高騰した大河ドラマ『花燃ゆ』の時代。それが攘夷の原動力だった!?

金銀レートから円ドルのレートへ 視聴率が厳しい大河ドラマ『花燃ゆ』 ほら、ここ2,3回の

記事を読む

follow us in feedly
一緒に過ごす時間こそ大切にしたい

何気ない時間に意識を向けてみる 3連休ですね。 もう夏休みでしょう

ねぇねぇライブ動画しようーーー

カウンターにセット! これだけでライブ動画できちゃう!! 終わ

考察。稼ぐ力とは生きる力かもしれない。

好きなことするすと笑顔になるね 今の時代、『稼ぐ力』とは『生

47歳になりました。前世からつながっていた!

変革期を迎えていることを実感です 令和に改元されて 連休が終わって

ふり返って復習してみる

平成31年4月30日(火)晴れ お休みですね。 せっかくだから普段

→もっと見る

PAGE TOP ↑