流れに乗っているときの感覚ってこれかもしれない。

2015.12.18

写真 2015-11-22 15 39 05神戸は海が近い

12月も中旬。
グッと寒くなってきました。

この時期になると
頭の中がいろんな情報でいっぱい。

なんとか散らかる寸前で
とどまっている感じがします。

原因は
・・・年末調整です。

1年間のお給料にかかる
源泉所得税の精算すること。

ほら、毎月のお給料から
差し引かれている国税についての対応です。

とりあえず天引きしているだけだから。

市民税とか社保も控除されているけれど
この源泉所得税だけが精算しないといけない。

お給料をもらっている人は全員。
会社の社長や偉い方。正社員の方はもちろん。
アルバイトやパートの方もみんなです。

この時期に一斉に対応します。

たいていの場合。
取られすぎた税金を返してもらえる。

いつもの給料よりも手取りが多いのはそれです。

会社の経理担当の方と一緒に
ボクたちも対応します。

通常の仕事にそれが加わります。

たしかに予定通りだけど
・・・仕事や時間に流される感じが強くなります。

そんな時は深呼吸ですよね。

いつもより深く吸い込んで
ゆっくりはいていきます。

フッーーーって。

そして普段から意識するはたったひとつ。

流れ。

 

流れに流されず、
流れに逆らわず、
流れに乗ること。

自分からなんとかしようとか。
こうしてやろうって思うと
流れに逆らう状況を作ってしまう。

追い込まれるのはいつもそうです。

そうではなくて
相手から先に行動してもらうこと。
そうして状況に応じて対応していく。

そうして流れに乗ることが大切です。

段取りとか予定とか。
正しいとか順番とか。
いつまでとかこっちの都合とか。

そればっかりでは
流れに逆らうことにから。
すべての環境を受け入れる。

未来のことを考えるといつも不安だし
これまでの経緯を思うと執着がよぎります。

そんな時は今に集中してみる。

目の前におこることを
丸ごと受け入れることで
流れに乗っていく。

誰かを想い
何かに没頭している時間は
とにかく仕合せなんだから。

そんなことを思った
珍しく忘年会のない夜でした。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.