消費税率は2%増でも納税額は25%アップ!?

2019.09.28


確認しておこう~

ほんとに・・・
いよいよ・・・
やっぱり・・・

消費税は10%に増税されますね。
この意味はとっても大きいんです。


知ってるよーーー

そんな声が聞こえてきそうです。

たしかに税率は8%から10%の
改定だから差引き2%の増税ですが
企業の納税額は25%の増税です!?

大切なことだからもう一度、言いますよ。

納付税額は25%アップです。

!!!
???
$$$


・・・えっどういうこと?

そんな感じでしたら
もう少し続けて読んでください。
例えば10,000円の買い物とします。

10,000円×8%=800円
10,000円×10%=1,000円

1,000円-800円=200円
200円÷800円=25%

これまで800円だった消費税額が
これからは1,000円になります。
そうですよね。
だから増えた差額は200円です。

この200円は800円に対して
25%もアップしています。
2%じゃないってことです。

毎回の支払いが25%増えるってことは
企業が納税する消費税額も25%増えるんです。

仮受消費税ー仮払消費税=納税額

売上などにかかる消費税が仮受消費税。
仕入や外注費の支払にかかる消費税が仮払消費税。
納税額はその差額です。大体そうです。

仮に今期の納付額が
10,000,000円だとすると、
来期は25%アップだから
12,500,000円になるんです。

期中では資金が増えて預金残高が増えて
儲かっているように感じても
それは勘違いかもしれません。

預かっている消費税(仮受消費税)が
増えているだけかもしれないってことです。
申告期限がくると納税額が増えますから。

あらかじめどのくらい増えるのか。
金額で試算しておくことをお勧めします。

対策としてのおすすめは積立預金。
地味ですがこれだ一番いい。
普通預金や当座預金から
納税資金を定期的に確保しましょう。

半年ごと四半期ごとに
予定納税している企業も要注意。
その予定納税は8%の税率を
もとにしています。

消費税10%への2%増はま~ったく
考慮されていませんから。
次期の確定消費税の納付額はかなり
大きな金額になることが予想されます。

「25%アップ!」

これが消費増税の重みですから。
気をつけましょうね。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.