登場人物の性格はリアクションで伝える!?大河ドラマ真田丸

2016.01.11

12016年         1600年ごろ        1985年

いよいよ2016年の大河ドラマが始まりました。
有働由美子アナのナレーションが心地いいですね~

そうそう写真は右から順番に

今年の主役・堺雅人さん演じる主人公・真田信繁。
中央は戦国時代末期のヒーロー・真田信繁の自画像。
右は30年前の水曜時代劇で草刈正雄さん演じる真田信繁。

似てますか~
かなり似てますよね~

ちなみに30年経って
草刈正雄さんは信繁のお父さん役を演じています。
大河ドラマファンにはうれしい演出です。

やっぱり真田と言えば
草刈正雄さんなんですから。
カッコいいい。

ところで過去のブログでは

真田丸って船ですか?

真田丸って誰だ!

その中でボクは真田丸は
船でも人でもないとことをお伝えしてきました。

今回はそれ以上に重大なことを気づきました。

それは「真田」が読めないってことです。
意外と読みにくのかもしれません。
たしかにボクのまわりにもいない苗字です。

・ まさだ
・ しんた
・ さねた
・ まんた
・ また

ハイ。どれも違います!

「さ・な・だ」と読みますーーー
「さ・な・だ」ですからねーーー
「さ・な・だ・の・ぶ・し・げ」ですよーーー

大河ドラマに登場する人物って
苗字で呼ぶことは少ないんです。
家族、兄弟や親族がたくさん登場するからね。

それにしても違う。
これまでの大河ドラマとはまるで違う描き方です。

部屋の中のシーンが多い!

軍議の席や家族の会話。
室内で密会したりのぞき見したり。

タイトル・真田丸も大阪城の砦の名前です。

だから特定の武将や合戦シーンではなく
空間に注目しましょう。

その場で誰と誰がどんな会話をするのか。

お殿さまの前で話すコトバ。
家族と話すコトバ。兄弟が話すコトバ。

大きな声で自信満々に話したかと思えば
次の瞬間にはまったく別のことを言ってみたり
小声でひそひそ話もします。

三谷幸喜さんの脚本ってかなり遊び心がある。

本音と建て前を使いわける
真田親子の掛け合いは見ているだけ面白いなぁ。

ドラマに限らず映画や演劇において
登場人物の性格はどう表現されるのか。

「この人は○○な人だなぁ」と。

見ている側に伝える方法があります。

それがリアクションです。

 

大きなコトバが出るのか出ないのか。
じっとしてるのか駆け寄ってくるのか。
泣くのか笑うのか。
例えば冒頭のシーン。

偵察に出かけた信繁と佐助が
徳川の陣で見つかってしまします。

その時とった信繁の行動は
・・・とっさに逃げることでした。

大阪の陣で徳川家康を相手に一歩も引かない
勇敢な日の本一の兵(つわもの)も

若いことは逃げるので精いっぱい。

そんな感じでしたね。

それぞれの登場人物同士の関係性が
どんなふうに描かれるのか。

これからの50話が楽しみです~

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
山本 やすぞう
1972年大阪市生まれ。近畿税理士会北支部所属。TKC近畿大阪会所属。 大河ドラマを題材に使い、名シーンや名セリフを交えたわかりやすい内容が評判となる。常識に縛られずその会社らしくあろうとする経営者を応援することから、中小企業の経営者のみならずスタッフまで「私にもできる」と思わせ、信奉者が増加中。 計算するだけでなく、一緒に利益を探す税理士として活動中。
山本 やすぞう

最新記事 by 山本 やすぞう (全て見る)

山本会計事務所
Yamamoto Yasuzou Accounting Firm
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-2-3西孫ビル
TEL 06-6882-0092 / FAX 06-6882-0093


大阪メトロ谷町線『天満橋駅』より徒歩4分
京阪本線『天満橋駅』より徒歩4分



©2019 Yamamoto Accounting Firm all rights reserved.